N-AMS 車両管理システム

車両に関連する情報を「より詳細に」登録、一元管理することができます。

 

2019年4月より特殊車両通行許可証の備え付けがタブレット等の

電子機器でも可能となりました!

電子機器の携行に際しての注意点などの詳細は「広報チラシ」をご参照ください。

公益社団法人 全日本トラック協会 参照

URL:http://www.jta.or.jp/yuso/oogata/denshika.html

 

こんなお困りごとはございませんか?

ニッコン情報システムの車両管理システムなら”すべて解決”します。


有効な車検証、通行許可書類は営業所に保管されており、本社での閲覧は時間がかかる。

各営業所で登録した車検証イメージは、本社・営業所間で共有することができます。
常に最新の車検証イメージを閲覧することができます。


車両転籍があったとき、前の営業所で実施した整備・修理情報が閲覧できない。

車両の転籍が発生しても履歴情報を一括して閲覧することができます。

整備・修理情報の他、車両の画像なども一括して閲覧することができます。


運行ルートごとの通行許可書類、有効期限の管理が煩雑となっている。

車両ごとに複数の通行許可書類を登録することができます。

登録時に有効期限を設定することで、更新すべき運行ルートを把握することができます。


保有車両の使用年数の把握、毎年、資料を作成しており手間がかかる。

保有車両の車齢一覧表を作成することができます。

車両入替の計画策定時に活用することができます。


 

製品の特徴

点検資産管理システムの機能に加え、車両管理機能を強化しました。


1.車両の詳細情報を管理可能

・車検証情報の登録が可能です。
・登録した車両情報と車両写真、車検証、自賠責保険証の画像ファイルを纏めて閲覧することができます。
・転籍前の車両情報(許可書類、修理交換歴など)を転籍後も引継ぐことができます。


2.車両装備品の登録が可能

車両の装備品(デジタコ、ドラレコ、衝突防止装置、オートクルーズ)の機種を登録することができます。
バージョンアップにより「室内カメラ、バックカメラ、トラックソナー、居眠り防止装置、ETCカード、燃料カード」
の機種が登録できるようになりました。


3.修理交換情報、事故情報を管理可能

・消耗品の交換時期、交換部品を把握することができます。
・事故損害額、損害箇所写真を登録することができます。


4.書類イメージを管理可能

・車検証、自賠責保険証、通行許可書類をスキャナで取込み、保存したファイルを車両に紐付けて登録することができます。
・画像ファイルにメモを登録することができます。登録したメモは、一覧表示画面で確認することができ閲覧も容易です。


5.車齢一覧表、車両カルテをEXCELファイルで出力可能

・所有車両の使用年数分布が分かります。設備投資のタイミングを設定する際の目安になります。
・指定した日における使用年数が計算可能です。「今年度末」等、未来日付時点の使用年数がわかります。
・車両ごとに車両カルテ(基本情報、証書情報、異動履歴、点検予定)を出力することができます。


 

車両管理機能一覧

お客様からのご要望を元に使いやすい機能を揃えました。

ニッコン情報システムの点検資産管理(N-AMS)機能一覧

N-AMS 画面・帳票イメージ

画面・帳票は、EXCELファイルで出力されます。出力したEXCELファイルは自由に編集することができます。

ニッコン情報システムの点検資産管理(N-AMS)機能一覧
ニッコン情報システムの点検資産管理(N-AMS)機能一覧

本ソフトウェアサービスのお問合せ

お気軽にお問合せください。

車両管理システムの機能、価格に関するお問合せは「電話、メール」にて承っております。

また、一定期間のご試用も承っております。

お客様のご都合の良い方法にてお問合せ・お申込みください。

 

以下のフォームより、N-AMSの資料をダウンロードいただくこともできます。

システム営業企画課03-5148-1357受付時間 9:00-18:00 [ 月~金・祝祭日を除く ]

メールでのお問合せはこちら