検品

数量を間違えてシステムの入出庫処理を行うと実棚数量とシステム数量の不一致が発生します。

システム数量が正確でないと、信用できない情報になる為、使い物にならないシステムになってしまいます。

入出庫処理時の数量は正しくシステムに登録されなければなりません。

ニッコン情報システムのN-WMS在庫管理システムは、入出荷の検品作業の品質向上と効率化を実現します。

カスタマイズ

システムの標準機能では対応できないご要望をお客様から相談されることがあるかと思います。

システムの機能追加、修正にはコストと時間がかかります。

お客様のご要望に応えることが、今後の業務拡大や信頼へとつながります。

ニッコン情報システムのN-WMS在庫管理システムは、超高速開発ツールで開発をしている為、安く早くお客様のご要望に対応できます。

エクセルでの在庫管理

倉庫に保管した商品をデータで管理する場合、エクセルを使用すると、コストも安く、すぐに管理することが可能です。

しかし、在庫の管理点数、入出庫の履歴が増えた場合、エクセルでの管理が煩雑化し、エクセルを管理出来る人が属人化する恐れがあります。

在庫管理の質を高めると同時に、作業の効率化を図らなければなりません。

ニッコン情報システムのN-WMS在庫管理システムは、入出庫業務の品質向上と効率化を実現します。

循環棚卸

商品の在庫管理において、倉庫に保管されている在庫数とシステムで管理している在庫数が一致していることが重要です。

在庫管理点数、保管場所が増えると、リアルタイムに在庫数を更新することが困難になります。

その日に発生した入出庫の実績登録、在庫数の確認を常に行うことが重要です。

ニッコン情報システムのN-WMS在庫管理システムは、循環棚卸を行えるよう、ロケーション別に棚卸表を発行することが可能です。

3期制の保管料請求計算

保管料請求額を三期に分けて計算し請求するケースがあります。

3期制は「1ヶ月を1〜10日、11日〜20日、21日〜月末の三期に分け保管料請求額を計算する方法」です。

Micosoft Excel上で在庫数を管理し、保管料の計算を行うのは、計算式が煩雑になり、Microsoft Excelファイル自体の管理も煩雑になります。

ニッコン情報システムのN-WMS 在庫管理システムは、標準で「3期制の保管料請求計算」を行うことができるシステムです。

情物一致の在庫管理

在庫管理システムの在庫数と実在庫数が合わないため、せっかく導入した在庫管理システムが使われていないことがあります。

入庫、出庫業務で発生した伝票を纏めてシステムに登録する運用では、システム在庫数と実在庫数が乖離してしまいます。

システム在庫数と実在庫数を合わせるためには、システム導入時に、業務(運用)を変更する必要があります。

当社では、日本梱包運輸倉庫㈱で培ったノウハウを元に、保管する商品の特性に合わせた「運用設計」をご提供いたします。

ロット管理

品質管理の施策として、お客様からロット管理を要望されるケースがあります。

入出庫したロット番号を、Microsoft Excelで管理するのは非常に難しいです。

ロットを管理する必要のある入出庫業務と管理不要の入出庫業務、それぞれに適した入力画面であることが重要です。

ニッコン情報システムのN-WMS 在庫管理システムは、お預かりする商品(品番)毎にロット番号を把握することが可能です。

サプライチェーンと在庫管理

一つの商品を一企業だけで製造することは少なくなっており、複数の企業が得意とする商品を組み合わせて商品を製造することが多くなっています。

商品の原材料を複数の会社から調達し、商品を製造、流通網に預け、お客様へ商品をお届けする。

倉庫業は、サプライチェーンにおいて、重要な位置付けとなっており、入庫、出庫、在庫をリアルタイムに関係者で把握できることが重要です。

ニッコン情報システムのN-WMS 在庫管理システムは、クラウドサービス対応で、場所、時間を問わず、在庫数の把握、入庫・出庫指示をリアルタイムに行うことが可能です。