ユニック車(移動式クレーン)の定期点検

ユニック(クレーン)は、利用前の日常点検のほかに、「月次・年次」の定期点検が必要です。

ユニックが付いているトラックの場合、車検の他に「ユニック(クレーン)自体」の定期点検が必要です。

ニッコン情報システムのN-AMS 点検資産管理システムは、設備・機器を問わず一括して管理することができ、管理業務の効率化を行うことが可能です。

設備点検担当者の引継ぎ

設備点検担当者が人事異動などにより「後任者へ引継ぎ」を行うことがあります。

担当する設備が増えるに従い、全ての設備について漏れなく後任者へ引継ぐことが難しくなってきます。

ニッコン情報システムのN-AMS 点検資産管理システムは、設備・機器毎に担当者を指定することができ、引継ぎ漏れを防ぐことが可能です。

車検管理

トラックをはじめ、バス、タクシーなどの貨物輸送・旅客輸送用途の車両は、自家用よりも短い間隔で法定点検が義務付けられています。

法定点検中の車両は業務に使用することができないため、繁忙期を避け、従業員の勤務シフトも考慮した車検スケジュールを計画することが重要です。

ニッコン情報システムのN-AMS 点検資産管理システムなら、年間整備計画表を標準で出力(※)することができ、点検スケジュールをわかりやすく把握することが可能です。

※Microsoft Excelファイルで出力します。

フォークリフトの特定自主点検

フォークリフトは、日常点検のほかに、1年に1度の特定自主点検が必要です。

通常はフォークリフトを購入した会社から案内が来ますが、稼働状況に適した日付で案内をいただけるとは限りません。

ニッコン情報システムのN-AMS 点検資産管理システムは、稼働状況に適した点検予定日をメールで通知することが可能です。

労働安全衛生規則(法令)と点検

労働安全衛生規則では、労働者が業務で利用する設備・機器について、点検を義務付けているものがあります。

車検と同様に、有資格者により点検を義務付けているものがあり、業務で利用している設備・機器を把握することが重要です。

ニッコン情報システムのN-AMS 点検資産管理システムは、設備・機器を問わず一括して管理することができ、管理業務の効率化を行うことが可能です。

免許証の有効期限

個人が取得した自動車運転免許をはじめ、業務を行う上で取得した事業免許などの中には、定期的な更新(有効期限)が設定されているものがあります。

業務を行う上で免許の更新手続きは、事業を営む上で必要不可欠です。

ニッコン情報システムのN-AMS 点検資産管理システムは、有効期限の1か月前(※)にメールで自動車運転免許や事業免許の更新通知を行うことが可能です。

※メールを送信するタイミングは変更することが可能です。